賃貸物件を選ぶときに考えるポイントってなに?

収入の25%以内が目安

住居費(家賃)は、一度契約したら毎月決まった額の支払いが生じるものです。自分の家計に見合う額を知り、無理のないように設定することが大切です。理想の住居費の目安は月収(手取り収入)の25%以内です。家賃のほかに管理費や駐車場代がかかる場合は、これらも含めて予算内に収めるようにするといいでしょう。とはいうものの、生活の基本となる住まいは、妥協できないという人も多いようです。都市部やセキュリティーのととのった住居を選ぶと、この予算内ではむずかしいかもしれません。そんなときには、住居費以外のどの部分を節約できるのかを考えて、やりくりしましょう。

入居時や更新時にかかる費用

賃貸住宅の入居時には、まとまった費用がかかります。敷金、礼金、前家賃のほかに、引越し代や新しい住居に合う家具や家電代も見ておきましょう。また、賃貸住宅の場合、一般的に2年に一度契約更新があり、家賃1か月分の更新料がかかります。さらにそのときに火災保険の支払いがあることもあるので心積もりしておきましょう。

ライフスタイルに合った住居を

築年数が浅くて、交通のアクセスがよく、オートロックつき...と条件がそろえばそろうほど、賃貸物件の価値が上がり家賃は高くなりがちです。それでも住みたいと思う住居であれば、ほかの費用を抑えるようにくふうしましょう。古い物件でも駅から遠くてもくつろげる部屋ならOKというのであれば、家賃は低めに抑えられます。外から見た印象は古くても、室内がきれいにリフォームされた物件で快適な部屋もあるので、そういった部屋を選ぶのもよいでしょう。

江別市の賃貸探しは地元の不動産業者を頼るのが良いといえます。その理由は地元の細かい情報を知っているからです。