任意売却で家を売るというのはどんなもの?

任意売却はローンを滞納した時の売り方

自宅を売却する場合、ローンが残っていれば全て返済してから引き渡しをする必要があります。それができなければ、自宅にかけられた抵当権を外せないからです。けれども、その住宅ローンを滞納してしまった場合には全てを返済しなくても売却できるようになります。これが任意売却です。住宅ローンを滞納してしまうと、分割返済の権利を失うので一括返済を求められます。そのために売却せざるを得なくなります。

任意売却で注意しなければいけないこと

任意売却は勝手に自分で行うことはできません。債権者に相談せずに売却手続きをしても、抵当権を外してもらえないので引き渡しができなくなります。まず、債権者が認める仲介業者を選ばなければなりません。そして売却後に残ったローン残債をどのように返済するのかを話し合うことになります。任意売却に慣れた業者であれば、代理で交渉を行ってくれます。

任意売却のメリットについて

任意売却を行うメリットは、何と言っても競売を避けることができる点にあります。住宅ローンを滞納してしまうと、融資を行う銀行から債権者は保証会社へと移ります。その後一括返済を求める通知が届き、それが執行されなければ自宅は差し押さえられた後に競売で処分されます。その後に残ったローンは借金として返済しなければなりません。競売は周辺相場よりもはるかに安い価格で取引されるので、多額の借金が残る可能性があります。それに対して任意売却ならば、もっと良い条件で買い手を探すことができるので、借金の負担も軽減されます。

任意売却を選択すれば、自宅物件を相場に近い価格で売ることが可能です。不動産会社に依頼すれば確実な流れで進めてくれます。