オートロック物件を選ぶ際は方式を確認しよう!?種類があると知っておきたい

オートロックは1種類では無い

オートロック物件を選ぶメリットとして、外部からの侵入者を防げる点が挙げられます。入居者でなければ共同玄関部分を開けられないので、インターフォン越しにセールスを断ることも簡単です。しかし、他の入居者がエントランス部分に入る際に、後ろからカルガモのように連れて入ったり、そもそもオートロックの共通鍵の作りが甘いことも有り得ます。暗証番号方式では暗証番号の管理に注意する必要があり、磁気カードタイプでは磁気抜けに注意が必要です。部屋の鍵と同じ鍵で入室出来るタイプは、どの部屋の鍵でも開鍵出来るように複雑さが欠けていることもあります。結果的に、ICカードタイプや指紋認証方式以外ではオートロックといえども安全とは言えないわけです。

オートロックを過信してはならない

オートロックの物件に住んでいれば、外部からの侵入対策が万全だと過信して、ゴミ捨て時などに玄関ドアの鍵を施錠せずに外出して空き巣被害に遭うといった事例が報告されています。侵入のプロにかかってしまえば、共同玄関を突破する方法が数多くあるので、オートロック物件だからといって各部屋の防犯意識を下げないよう注意しなければなりません。意外とありがちなこととして、メインの共同玄関はしっかりと施錠されているにも関わらず、勝手口や非常口が施錠されておらず、外から出入り自由となっているケースが少なくありません。管理人室のドアや勝手口がしっかり施錠管理されているか合わせて確認しておくと良いでしょう。

工業都市や港湾都市としての顔を持ち合わせている苫小牧市は、豊かな自然も残り商業施設や住宅地も多い街となっています。そのため、苫小牧の賃貸アパートは生活環境が良いことでも知られています。