家族の命に関わることも!?土地選びの際にチェックしたいこと

まずは現地に下見調査に行くことが大事

土地選びの際には、ついつい地図だけを確認しがちですよね。地図ばかりとにらめっこをしていても、そこが本当にいい土地なのかは見えてきません。やはり実際にその場所に行ってみるのが一番いいでしょう。その土地がどんな場所なのかは、行ってみれば一目瞭然となります。近くに山があって土砂崩れが起きそうかどうか、河川が氾濫したときに浸水しないかどうかも、大体判断ができるはずです。情報量が地図とは段違いなので、素人でも分かることは多いです。行ってみて始めて分かることがたくさんあるので、まずは現地調査を優先しましょう。

ハザードマップのチェックは欠かせない

各自治体が、地域のハザードマップというものを作っている場合があります。津波の危険がどの程度あるのかや、活断層の有無、洪水に土砂災害などの危険性は、それで大体分かります。ハザードマップの作成には、専門家の意見や過去のデータなどが盛り込まれているので、信頼性はかなり高いと言えますね。家族の命を守れる土地を選ぶなら、こうしたハザードマップは集められるだけ集めてチェックしておきましょう。危険度が高い地域の地価は下落しがちで、一見お得感が強いように感じるかもしれませんが、それに騙されてはいけません。多少高くても安全性の高い土地を購入するように心がけましょう。日本は災害大国であることを忘れてはいけませんね。災害と無縁な土地は、地価の暴落も起こりにくくなるので、資産価値までもが守りやすくなって最高です。

土地探しの相談は建築士に相談することもでき、どうやって土地を探すか、どんな不動産を探すかなど基本的なことから教えてくれるようです。